コロナの株式投資+αDiary

株式投資日記メイン。マネー関係やゲーム、アプリ等の記事を書いていきます。

【書籍】現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ

 

 

f:id:dkngj:20190201090842j:plain

 

孤独を感じたことがない人はいないだろう。これだけたくさんの人が周りにいるのに、だれもが孤独を感じている。

 

最近「なめらかな社会」という言葉をよく聞く。

インターネット・スマホによって、24時間365日「何か」と接続できる「なめらか」な世界に変化した。楽になっても面倒と思うことが出てくるが、それもまた楽にしていこうとする。Amazonで注文するのはとても楽なことなのに、今ではAmazonアレクサに話しかけて注文ができるように、さらに楽になっていこうとする。Amazon goは端的にいうとレジのない店だ。こういったことがどうやら「なめらか」ということらしい。

 

 

人はコミュニティの中で生きるもので、仕事、家族、学校、サークル、オンラインサロンなど、なんらかのコミュニティに複数所属している。だが、心理学者のアルフレッド・アドラーが「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」というように、問題が起きるのも確かだ。

 

 

そんなときに「WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~」は非常に有意義なものとなる。

 

みんな居場所がない。スマホによって大衆は分断され、その結果、モノの売り方が根本から変わった。同じ価値観でつながるコミュニティを作れるかが、いまビジネスでも成否を分けている。『君たちはどう生きるか』『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』を仕掛けたメガヒット編集者がたどり着いた、インターネット時代の「孤独」とその「処方箋」。

 

第1章  現代の孤独とコミュニティ

・安心と自由、どちらを選ぶ?

・仕事をするのは当たり前か?

・インターネットによる、なめらかな社会

アイデンティティの元は何か?

・問題解決型の教育システム

・情報の爆発

・情報の可視化

・マジョリティの孤独

・安心を感じられないオープンすぎるSNS

・どんな風に死ぬのか

 

第2章 持続可能な経済圏としてのコミュニティ

・1度に100万部売れるよりも10万部×10年のほうがいい

・なぜミュージシャンは活動休止しても、復活できるのか?

・ビジネスの基本

楽天Amazonの違いは何か?

・日本酒ではなく、ホームパーティを売る

・参加を生み出す仕組み

SNSを使ってコミュニティを作る

・ファンクラブからファンコミュニティへ

・ファンのピラミッドを作る

宇宙兄弟のグッズはグッズではない

・わからないものこそがコミュニティを面白くする

・誰もが作りての時代 求めるのはモノではなく心の満足

 

 

第3章 安全・安心とは何か?

・ドミノの1枚目を探せ

・熱狂を生み出してもいいのか?

・安全・安心とは何か?

・安全・安心の後の熱狂

・強い人なんていない

・そもそも熱狂とは何か?

・信仰ではなく、信頼へ

・情報は1人ひとり、手渡しで

・リアクションを設計する

・役割・イベントを設計する

・コミュニティの中心は外部とつながる

・オンラインで先に仲良くなる

・自分の物語を何度も語れ

 

 

第4章 コミュニティを編集する

・コミュニティを運営することこそ編集という行為

・最初の火を起こすためのコミュニティ

・あえて余白を作る

・安全・安心を確保するとコミュニティは自走する

・納品主義からアップデート主義へ

・意思決定の量を減らす必要性

・自分を正しく理解する

 

おわりに/巻末ブックリスト

・ITを理解するための本

SNSを理解するための本

・コミュニティを理解するための本

・コミュニティマネージメントを学ぶための本

・自分をより深く知るための本

・僕を形作った本