コロナの株式投資+αDiary

株式投資日記メイン。マネー関係やゲーム、アプリ等の記事を書いていきます。

三菱UFJフィナンシャル・グループ【8306】について考えてみた

MUFG

 

いわずと知れた大企業、三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】

三菱UFJ銀行を傘下に国内金融グループ大手に君臨しています。現在の時価総額は7.4兆円。

銀行では3メガバンクとして三菱UFJFG、三井住友FG、みずほFGが有名ですね。三菱UFJFGとみずほFGは現在10万円以下で買える株となっています。三菱UFJフィナンシャルグループは現在配当利回り4%を越えています。

 

事業内容は下記

当社グループは、当社、連結子会社222社及び持分法適用関連会社55社で構成され、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指し、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務、その他業務を行っております。

 

当社グループは、顧客・業務別のセグメントである、「法人・リテール事業本部」「コーポレートバンキング事業本部」「グローバルCIB事業本部」「グローバルコマーシャルバンキング事業本部」「受託財産事業本部」「市場事業本部」及び「その他」を報告セグメントとしており、各報告セグメント及び主要な関係会社の位置づけ等は以下のとおりであります。

 

法人・リテール事業本部 :国内の個人、中堅・中小企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスの提供 コーポレートバンキング事業本部 :国内外の日系大企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスの提供

 

グローバルCIB事業本部 :非日系大企業に対する金融サービスの提供

 

グローバルコマーシャルバンキング事業本部 :海外の出資先商業銀行における個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供

 

受託財産事業本部 :国内外の投資家、運用会社等に対する資産運用・資産管理サービスの提供

 

市場事業本部 :顧客に対する為替・資金・証券サービスの提供、市場取引及び流動性・資金繰り管理業務

 

その他 :上記事業本部に属さない管理業務等

 

www.mufg.jp

 

直近3ヶ年チャート

f:id:dkngj:20191203192243j:plain

バフェット・コード(https://www.buffett-code.com/company/8306/stockprice)より

 

過去、2006年に1800円の高値をつけたことがありますがそれに比べると株価は程遠いです。

 

配当状況

f:id:dkngj:20191203183550j:plain

三菱UFJFG 配当情報(https://www.mufg.jp/ir/stock/dividend/)より

 

公式HP自体、非常に見やすいので、色々見てみると勉強になります。

ちなみに、2018年度~2020年度にかけて中期経営計画をかかげ、「11の構造改革の柱」を掲げています。

 

私は地方銀行に投資するのは無しと考えていますが、三菱UFJFGは投資対象として有りと考えています。(ただ、とても買いたいというほどではない) 低金利政策に煽られ、キャッシュレス決済やネットバンキングの普及もあり、利益は横ばいですが、売り上げ高は増加傾向にあります。ROEはジリジリ下がり、5~6%台なのが気になりますね。